<   2007年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧




海南海草6人の議員団

22日投票の紀美野町議会選挙、
美濃よしかず   571票(第4位)
田代てつろう   470票(第10位)
みなさまのお力で当選させていただきました。
紀美野町のみなさま、ごくろうさん。和歌山市への応援をしながら紀美野町への支援にフル回転いただいた、海南市の後援会員のみなさんにも、心からお礼申し上げます。6人の海南海草議員団でがんばります。        (さいか)
[PR]



by seikatusoudansyo | 2007-04-29 15:22

出産費用の心配なしで安心(お知らせ)

海南市の国保に加入している方は『出産育児一時金受取代理制度』が創設され、出産医療費の負担軽減できるようになり、お金の心配なく安心して出産できるようになりました。
この制度は、従来の「出産育児一時金(35万円)」を病院等に市が直接支払うことで可能となりました。

※出産医療費が40万円かかった場合は、35万円が限度で、窓口負担は5万円。30万円かかった場合は、指定した口座に5万円が振込まれます。
 手続きは、保険証・妊娠証明書・印鑑を持参の上、市役所国民年金課または下津行政局の窓口で、出産予定日の一ヶ月前から申請できます。「出産育児一時金委任払の申請」といってください。
                               
市会議員  岡よしあき
[PR]



by seikatusoudansyo | 2007-04-29 15:16

二つの開校入学式・二つの校歌

4月10日は、海南下津高校の開校式、野上厚生病院付属看護学校入学式に出席させていただきました。どちらの学校でも新しい校歌が披露されました。
海南下津高校の校歌は、万葉学者・歌人でもある永廣禎夫先生の作詞。音楽・日本画・書道、何をやられてもすばらしい作品を発表されている、おなじみの新田博昭先生の作曲です。あたらしい学校にぴったりの校歌です。
看護学校の校歌は、Heart to heart という、従来の「校歌」というものとはちがったものでした。宝子さんという若い女性の音楽家が作詞・作曲され、ご自身でピアノを弾き、うたって披露されました。
♪ Heart to heart私からあなたへ
Heart to heartあなたから私へ
心の手を伸ばして つなぐ生命の輪 ♪
なんと看護学校にふさわしい校歌なのでしょう。校長先生(院長)も式辞でこの校歌にふれられ、校歌の披露では、校長先生をはじめ教職員のみなさんも一緒に歌われるのを聞きながら、この学校を立ち上げられたみなさんの思いが詰まっているように思いました。看護学生たちがんばれ。      (さいか)
d0067909_19311218.jpg

この入学式から8ヶ月たって、12月23日の元気市で宝子さんの歌を聞かせていただきました。わたしの「とびある記パンフ」の表題に「心の手を伸ばして つなぐ生命の輪 」としていたものをお渡ししました。宝子さんは、歌の合間のトークでこのパンフを贈られて驚いたことを語ってくれました。そのとき一緒にとっていただいた写真です。宝子さんがお持ちなのが私のパンフ、私が持っているのは宝子さんのCD。その歌を聴きながら、作業しています。
看護学校校歌のCDもまもなくできるそうです。
[PR]



by seikatusoudansyo | 2007-04-22 15:44

住みよい、きれいな紀美野町をいつまでも

 いま、毎日のように隣の紀美野町にきています。川も空もきれいで、毛原や長谷宮に行くと天気の良い日には、空いっぱい星が見えます。私は星座の名前などさっぱりわかりませんが、その星空を見上げるのが好きで楽しみにしています。
 美濃議員に聞くと、空は汚れていませんが、川は雨が降ればすぐ濁り水が出るようになったと言います。山が荒れ、保水能力が落ちているようです。自然も人間の手がはいらなければ守れません。
 合併でますます旧美里町は住みにくくなったといわれ、若い人が出て行かないか心配する人もいます。若い人が減るとますます高齢化に拍車がかかり、山野が荒れていきます。しかし、出会ったお年寄りは元気で野良で働いている方も多くいます。
 紀美野の自然環境を守り、お年寄りを大切にするまちづくりを提案して、いま、美濃さんと田代さんはがんばっています。

            海南市会議員  こうの敬二
d0067909_221012.jpg

[PR]



by seikatusoudansyo | 2007-04-22 15:43

4人の県議団、市町議とのネットで

 8日の県会議員選挙。和歌山市選挙区から藤井(現)、奥村(新)が見事当選。西牟婁選挙区の高田(元)は、大奮闘するもおよばず。無投票の松阪・さいかとあわせて、4人の県議団でがんばります。
後半戦の紀美野町議選、和歌山市議選は22日投票。
ぜひとも全員当選で、しっかりした県・市・町議のネットワークをつくりたいものです。お力をお貸し下さい。
 
*前向きに走るばかりで、お世話になった皆様へのご
挨拶が遅くなっております。(さいか)
d0067909_127156.jpg

[PR]



by seikatusoudansyo | 2007-04-22 15:41

最高級の音楽ホール スタインウェイのピアノ

 合併で紀美野町になったので、旧野上町に住んでいる私も旧美里町に目を向けるようになりました。最近、神野市場の紀美野文化センターで私たちの音楽会をやりたいと見せていただいて驚きました。
 最高級の音楽ホールに最高級のスタインウェイのピアノがおかれているのです。このピアノは県民文化会館にはおかれているが、和歌山市民会館には置かれていないと思います。大きな文化的財産です。
 ピアノ教室をやっておられるみなさんにも、「スタインウェイでピアノ発表会をやりませんか」と呼びかけたら、使いたいという方も多いのではないでしょうか。折角の宝物を活用して町を元気にできたらと考えています。
紀美野町党医療福祉対策部長  田代 てつろう
d0067909_03744.jpg

[PR]



by seikatusoudansyo | 2007-04-15 15:39

「回顧展」で思い出す紀光のこと

 画廊ビュッフェファイブで「雑賀紀光・浜田龍夫回顧展」が開かれています。妻と一緒に寄せていただきました。
 ちょうど和歌山新報の女性記者が取材にこられていて、父・紀光のことを尋ねられたので、いろいろなことを思い出し、少しお話しました。
 「紀光は、自分は職人だといったことがあります。つけ加えて、ミケランジェロやダビンチも時代の最高の職人だったといっていました」
 「和歌浦の墨絵があるでしょう。不老橋の景観保全が大問題になっていたころ、紀光は、旧紀の国会館で和歌浦の墨絵を中心にした展覧会を開いたのですが、紀光なりのこの問題への発言だと思いました」など。
 紀光は、あまり政治にかかわらない人でしたが、野間代議士とは対談もし、推薦のことばをよせました。
 「野間さんは立派な人だ。この野間さんを毎回国会に送り出す和歌山県民も立派だ」というような言葉でした。
 一斉地方選挙につづく参議院選挙。はずかしくない立派な選択をしたいものです。
                       (さいか)
[PR]



by seikatusoudansyo | 2007-04-15 15:38

一日の選挙・二期目のスタート

3月30日、太鼓の音とともにみなさんに送られて宣伝カーは出発。午後5時になると「当選確定だから帰ってこい」と携帯電話にはいる。
事務所に戻ると、NHK、テレビ和歌山のカメラがまっている。支持者のみなさんとともに神出市長さんなどお祝いにかけつけてくださっている。
後援会長や市長さんのお祝いにつづいて、お礼の挨拶をしなくてはならない。原稿はない。あたまがまっしろのまま、宣伝カーと放送局のマイクをにぎった。
「無投票当選は、みなさまの支えのおかげです」とのべたあと、「行く先々で、20回ほどの街頭宣伝しました。」と訴えを紹介した。
「県民のくらしが大変な中で、県政はくらしを守っているのか。官製談合、一つの会社だけで100億円という企業誘致への補助金。税金の使い方を変えなくてはならない。」
「何よりもうれしかったのは、皆さんの願いを県政にとどけ、喜んでいただいたこと。それは、皆さんのところに足を運んで皆さんの声をお聞きしたからできたこと。」
最後に「議員というものは、選挙をしていただいて鍛えられるもの。選挙がなかっただけに、みなさん私をきびしく叱って励ましてください。」としめくくった。
                         (さいか)
d0067909_2223781.jpg

[PR]



by seikatusoudansyo | 2007-04-08 15:36

紀美野町議選挙がんばります

花の季節になりました。美里チューリップ園も今度の日曜が見ごろです。うれしいことに、雑賀県議の再選も決まり、海南海草のいっせい地方選は、上々に始まりました。
いつもは夏の選挙だった私には、始めての春の選挙です。
一月四日から、朝七時より路上で挨拶を始めましたが、夏と違ってその寒いこと、顔が痛いぐらいです。
合併後の最初の選挙で、地域もわからず、人の配置も何もかも違います。
しかし、なんとしても2議席を確保し、引き続き提案権をもちたいと思います。
どうかお力をおかしください。
紀美野町議会議員  美濃よしかず
d0067909_2235048.jpg

[PR]



by seikatusoudansyo | 2007-04-08 15:35

藤白山の峰高き 姿仰ぎて塗り物の

わが母校・黒江小学校の卒業式に出させていただきました。対面式の卒業式で、実行委員長を務める在校生の「僕たちは力を合わせて卒業式の準備をしてきました」という挨拶で始まるのです。すごい。
 子どもたちの元気な声に合わせて、懐かしい校歌を歌いました。子どものころ、この校歌は意味が分からなかったのです。
「ふじしろやまのみねたかき」=「藤白山の実った柿」(この頃の子どもは食べることばかり考えた)。「すがたあおぎてぬりものの」=「姿は置きて塗り物の」と子どもの僕は思っていたのです。
 心に残ったのは、育友会会長さんのご挨拶。松井選手のお父さんが贈ったという言葉「夢は大きく、努力は足元に」という言葉を紹介されました。
 最後は「送辞」「答辞」でなく、「よびかけ」でした。
 式が終わって控え室にもどると、「一中は全員合格でした」と知らせが入りました。この日は、高校後期入試の発表だったのです。「よかった」とみんなでよろこびあいました。
                         (さいか)
[PR]



by seikatusoudansyo | 2007-04-01 15:47

カテゴリ

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 04月
2005年 01月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月

最新のコメント

川西市の高校でのいじめ自..
by 日本共産党めっちゃ大嫌い男 at 00:02
>日本の消費税は主要欧州..
by 匿名さん at 12:01
「鬼は外」型の反対ですね..
by 匿名さん at 11:57
ボイスカードは直球ですね..
by 匿名さん at 12:03
テレビで魚をさばく光景を..
by 匿名さん at 11:02
>6年生はスタッフとして..
by 匿名さん at 13:03
「匿名よ、文句ばっかり言..
by 匿名さん at 00:17
紙おむつは今まで通り普通..
by 匿名さん at 00:14
>市民の健康・財産が侵さ..
by 匿名さん at 00:12
>国民一人ひとりが声をあ..
by 匿名さん at 00:22

メモ帳

ファン

ブログジャンル