<   2009年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧




国民が本当に願う政治が必要です

 猪より怖いのが「政治」です。日米FTAが締結され関税が引き下げられれば、農水省の試算でも自給率は12%になるといいます。
 先進国ではありえない状況です。輸入が止まれば、国民の10%しか生き残れないそんな農政なんてあっていいものでしょうか。
 民主党の公約の個別所得補償予算は1兆円。しかし、完全自由化されれば、その10倍の予算が必要になります。
 そんなことよりもっと大事なのは、価格保障制度を充実させ、都会でも就職難になっている若者が就農できる、そういう農政こそが求められているのではないでしょうか。
                                 (美濃 良和ニュースより)
[PR]



by seikatusoudansyo | 2009-09-27 10:18

田のふちに、ひがん花の帯が

 暑い夏も過ぎ、あっという間に秋がやってきました。
 農家は今、稲の刈り入れに大忙しです。急がないと猪に荒らされるかもしれません。
 刈り入れ前に猪にやられると、稲は倒されるのと、猪が食べた後の米がまざると猪のにおいがついて食べられないそうです。
 今では機械で、あっという間に刈り取りがすんでしまいます。
 刈り取りのすんだ田のふちは、ひがん花の帯が残りとてもきれいです。
                                       (美濃 良和ニュースより)
d0067909_10175078.jpg

[PR]



by seikatusoudansyo | 2009-09-27 10:14

9月議会が終わりました。

 私は、昨年から議会が追及してきた「裏金問題」、「消防署の広域化と紀美野町内の分署について」、「高齢者用町営住宅の建設について」、「議事録を支所、出張所、図書室に配置すること」、「売れ残った分譲地を建築関係者や町等がチームを作り、客の注文の設計の家を利子補給もして割安で建築できないか」と質問しました。回答は「検討する」ですが、難しい課題もあるようです。
 これからも町民の皆さんの要望の実現のため頑張ってまいります。
 また学童保育は、紀美野町になってから、ボランティアによる運営から、町長の「子どもは町の宝」の公約で町の運営に変わりました。
 しかし、指導員のなり手が少なく、利用できない家庭もあることから、指導員確保の取り組みについて質問しました。
 回答としては、待遇の改善など総合的に判断しなければならないと、今後の課題になりました。
                                    (美濃 良和ニュースより)
[PR]



by seikatusoudansyo | 2009-09-27 10:11

「政権交代」後の県議会と県道秋月海南線

 9月県議会は「政権交代」後の最初の県議会でした。これまでは、自民党ばかりを頼りにしていたような、和歌山県にとって、大きな政治環境の変化です。
 私も「政権交代選挙の結果をどううけとめるか。県政にどう生かすか」と質問しました。「政府側の不祥事、100年に一度といわれる経済危機にともなう生活面での不安・閉塞感を払拭するにいたらず」といいますが、自公政権になぜ国民がこれほど怒っているのかという点の認識は希薄です。
 県議会前に海南市で開かれた「行政報告会」で地元の声として県道秋月海南線の拡幅という要望があったことにふれたところ、知事は「県道秋月海南線については、私はたぶん、ひょっとしたら20回ぐらい走っていると思いますのでよく存じております。狭い道で、しかもあそこで頼るところが非常に大きいので、これをなんとかせないかん、ということが宿題となっていることはよく存じ上げております。」と述べました。
 この道路の拡幅または代替道路は懸案の課題です。           (さいか)
d0067909_10105799.jpg

[PR]



by seikatusoudansyo | 2009-09-27 10:08

ふるさと

 彼岸花に囲まれてこがねの稲穂がそよぐ山里は、かけがえのない農村の原風景です。流れに沿って道をたどれば、「ふるさと」の歌詞そのままのながめが続きます。しかし、のどかな景色にも廃れゆく身の悲哀が滲むようです。
 「村が壊れる」と野良着の古老は嘆きます。まつりごとの理不尽な仕打ちゆえ、生業をあきらめる寂しさは量りようもありません。でも、こんな時節だからこそ明日への夢を語り合えたらと思います。怒りの声をあげ「ふるさと」を取り戻したいと・・・。
 「志を果たして いつの日にか帰らん 山は青き古里 水は清き古里」
 山里や 無縁の墓の 彼岸花  
                             紀美野町会議員 田代てつろう
d0067909_1083411.jpg

[PR]



by seikatusoudansyo | 2009-09-27 10:05

政治が変わり始めた 

 「政権交代」、政治が変わり始めました。
 生活保護母子加算の復活、後期高齢者医療制度廃止、障害者自立支援法廃止、高校授業料無料化、そして、核密約の調査。
 これまでの「二大政党」というのは、財界の掌にのった競争でした。こんどの「政権交代選挙」は、国民の声が、その枠組みを打ち破ったのです。
 共産党の提言が国民世論をバックに政治を動かす時代です。   (さいか)
[PR]



by seikatusoudansyo | 2009-09-27 10:01

虫時雨

総選挙も終わり、善戦に安堵しつつ気がつけば暦は長月、さわやかな涼気が季節の移ろいを感じさせる昨今です。残り蝉の声にも寂しさが漂います。
 夜は我が伏屋も虫時雨に包まれ、まるでコンサートです。唱歌「虫の声」思い出しながら聞いていると、その様変わりが気になりました。
 「まつ虫」や「すず虫」、「きりぎりす」はいますが、「くつわ虫」や「馬おい」の声は、このところ聞いた記憶がありません。代わりに「あおまつ虫」の高い鳴き声が響きます。
 人間の生活にとってさほどの意味もないのでしょうが、失われた営みは蘇りません。新しい政権には自然環境をしっかり守ってほしいものです。
 老二人 向き合ふ夕餉 かねたたき   田代てつろう
                                   (田代 てつろうニュースより)
d0067909_11171584.jpg

[PR]



by seikatusoudansyo | 2009-09-20 11:15

「新型インフルエンザ」についての心がけ

 新型インフルエンザは季節性と症状もほとんど変わらず、健康な人ならかかっても軽いとされます。ですからリスクのある患者さんや、乳幼児以外はそれほど心配ないとのことです。しかし、従来のウイルスはのどの奥、つまり上気道が感染の範囲でしたが、新型のウイルスは肺にまで感染が及ぶと、専門家は指摘しています。つまりウイルスそのものに肺炎を起こす力があるので、油断は禁物というわけです。
 症状があればできるだけ早く医療機関に連絡し、受診をするよう勧めています。「どうということはない」などと、あなどらないことが大切かと思います。(田代 てつろうニュースより)
[PR]



by seikatusoudansyo | 2009-09-20 11:14

9月議会の一般質問から「Hib(ヒブ)ワクチン接種への公的助成」

 赤ちゃんから5才程度の子供にとって、最も恐い病気の一つが「細菌性髄膜炎」です。鼻やのどの奥に誰でも持っている細菌が血液に入り、脳を包んでいる「髄膜」に炎症を起こします。
 病原菌で最も多く恐ろしいのがb型インフルエンザ菌(Hib)です。この細菌はインフルエンザとは何の関係もありませんが、他にも重い病気を引き起こします。発病すれば死亡率は5%で、25%に発達障害や聴覚障害、てんかんなどの後遺症が残ります。日本では年に700人以上が発病し、100人以上に後遺症が残り、20人程度が亡くなっていると推測されています。
 この病気を予防する最も効果的な方法はワクチン接種で、世界の120カ国で実施されおり、こうした国々では劇的に少なくなっています。わが国でも予防接種に公的助成をしている自治体があり、紀美野町での実現を求めます。
 他に「乳幼児医療費助成の中学校卒業までの拡充」や、「新型インフルエンザ感染拡大や重症化防止への取り組み」について質問します。        (田代 てつろうニュースより)
[PR]



by seikatusoudansyo | 2009-09-20 11:12

発達障害で「ポラリス」を訪問

 9月県議会で、「発達障害」についてとりあげたこともあって、愛徳整肢園のなかにある相談機関「ポラリス」を訪問しました。奥村県議もつきあってくれました。
 「発達障害」というのは、学習障害(LD)、注意欠陥・多動性障害(AD/HD)など、知的な発達の遅れとは違った、「発達の偏り」です。
 黒柳徹子さんが、子供の頃、おしゃべりがひどく、「ともえ学園」の校長さんとの面接で一時間しゃべり続けたという話を「窓際のとっとちゃん」に書いています。それでも校長さんが「あんたはいい子なんだよ」といって受け入れてくれたのです。そして黒柳さんの才能が開花するのです。黒柳さんは、自分が発達障害だと公表しておられるそうです。
 科学者・芸術家などに多いのですが、周囲と適応できずに、いじめなどにあいやすいのです。適切にのばせば立派に伸びる才能が、まわりとぶつかってひん曲がったりしてしまいます。
 「ポラリス」の所長の辻さんという女性は、臨床心理士の資格を持った方で、発達障害について、わかりやすく教えてくれました。私はいっぺんにファンになりました。(さいか)
d0067909_1112310.jpg

[PR]



by seikatusoudansyo | 2009-09-20 11:05

カテゴリ

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 04月
2005年 01月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月

最新のコメント

川西市の高校でのいじめ自..
by 日本共産党めっちゃ大嫌い男 at 00:02
>日本の消費税は主要欧州..
by 匿名さん at 12:01
「鬼は外」型の反対ですね..
by 匿名さん at 11:57
ボイスカードは直球ですね..
by 匿名さん at 12:03
テレビで魚をさばく光景を..
by 匿名さん at 11:02
>6年生はスタッフとして..
by 匿名さん at 13:03
「匿名よ、文句ばっかり言..
by 匿名さん at 00:17
紙おむつは今まで通り普通..
by 匿名さん at 00:14
>市民の健康・財産が侵さ..
by 匿名さん at 00:12
>国民一人ひとりが声をあ..
by 匿名さん at 00:22

メモ帳

ファン

ブログジャンル