<   2017年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧




学力テストが生むゆがみ

学力テスト体制が生むゆがみ


和歌山県では、「学力テスト」の県別ランク引き上げをめざし、一位の福井県に教員を研修に送ったり、指導者を招いたりしてきました。私は、「一面的な指導は、教育をゆがめる」と批判的に見ていました。その福井県で、先生が生徒を追い詰めて、自殺に追い込むという不幸な事件がありました。

福井県議会では、「教育行政の根本的な見直しを求める意見書案を全会一致で可決した」と報道されています。

意見書案は、「教員が多忙化により子どもたちに適切に対応する精神的なゆとりを失っている状況があったのではないかと懸念する」と指摘。「『学力日本一』を維持することが教育現場に無言のプレッシャーを与え」と記載しています。

和歌山県でも、「考える必要があるのではないか」と県議会文教委員会で問題提起をしました。     (さいか光夫)

「赤旗読者ニュース」12月24日

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村←ラン
d0067909_19085707.png

(参考資料)
12月県議会文教委員会での討論

 雑賀委員

 学力テストについてであるが、テストの成績は今年度はよかった。大変結構なことである。

しかし私はこの学力テストのことに関していろいろと心配もしている。3年前の12月県議会では、学力テスト問題について議論をした。その冒頭で私は、教育とは何かということを立ち戻って考えなくてはならないということを言って、その中で次のように伝えた。(配布資料①)

「若い芽を早く大きくなあれと、毎日引っ張っていたら、若芽を枯らしてしまう」という例え話があるが、子供をある面から追い立てたとき、どんな歪みが生じるか。最も極端なものが少年犯罪である。当時私が思い出していたのは、酒鬼薔薇聖斗と名乗った神戸の幼児を殺したあの事件である。そういう事件が起こると大騒ぎするけれども、親は決してそのような子供を育てようと思って育てたわけではない。優秀な子供にしたいと思って育てた。そのことが子供を追いやって、このような歪みを生んでしまった。これは極端な例だけれども、教育界にはこういうことがあるのではないか。

 管理と競争の教育が多くなる中で、学校現場は息苦しくなってくる。そこで、起こってくるのは不登校の問題であり、いじめの問題である。現場のプレッシャーから逃げるのが不登校であり、それを他に転嫁して憂さ晴らしをするのが「いじめ」だといってよいのではないか。その行き着く先が子供の自殺ではないか。

教育は、総合的な問題なので、ある面だけを追い込んだ時に、思わぬところで歪みが起きる場合がある。

 こういう警告をしたことがある。

 学力問題に関して、今年も10月に校長研修を実施したと聞いた。昨年もやられたようだがこの研修は、どんな趣旨で実施したのか、教育長から伺いたい。

A 宮下教育長

 市町村の小中学校の管理職に対して、学力や不登校の問題など、県下全体として取り組むべきことについては、直接学校長に、県として取り組んでいることを話すのが大事だという趣旨である。

Q 雑賀委員

 去年、学校長に対して牧野企画監がお話になったことは、さすがだと思うこともあった。例えば、「学力テストについては、校長先生が、まずテストの問題を解いてみなさいよ。」というアドバイスをしておられた。また、「3年生で習うローマ字が6年生でできないのはなぜか。それは活用していないからである。学んだことは活用させてこそ定着する。」あるいは、「学校では授業が大事である、部活動で生活指導しようと思ってはいけない。部活動だけじゃいけない。やっぱり授業が大事だ。」このような指摘は達見だと思った。

ところが、かなり焦っておられたような気がする。「今日は話したことを伝達してほしい。やったかやらなかったか点検する。やっていない場合は教育委員会まできてもらう。」こんな風に言っている。また、「教育長はここにいても優しいことしか言わない。私はよそからきた人間なので言うべきことは言う」と言っていた。教育長は、「私は、厳しいことを言わないので、厳しいことを言って欲しい。」と頼んだのか。

A 宮下教育長

 そういうことは言っていない。教育長の立場で話すことと、私が企画監に期待していることがあるので、役割分担しながら話をしている。

Q 雑賀委員

 3年前から、教育において若芽を引っ張るような指導では、歪みが生じるのではないかと心配をしている。そこに飛び込んできたニュースが、福井県の中学生が副担任の女の先生に責められて自殺をしたという事件である。3月の事件だが、今年の10月に報告書が発表されたことで、大きく新聞報道された。管理的な教育行政が行われると、指導力のない、自信のない先生が体罰に頼ったり、あるいは子供をおさえつけたりというようなことが多い。和歌山県では、いじめによる自殺や先生の指導で子供を死なすということは、幸いなことになかったと思うが、どうか。

A 宮下教育長

 最近、問題になったことはない。

Q 雑賀委員

 それはよかったが、そういうことが起こらないようにと心配している。福井県が教育の先進県で、和歌山からも研修に教員を派遣して、そして牧野企画監にもおいでいただいて指導いただいている。ところがその先進県で、先生が子供を自殺に追い込んだ事件があった。教育長も予算をつけて、教員を研修に送っているわけだから、その送った先でこういう問題が起こったということに当然関心を持ち、情報を収集していると思うが、このことをどう感じているか。

A 宮下教育長

 本県の課題ということでいうと、子供たちの中では、いろいろなことが起こる。私の知る限りでは、いじめとかそういう動きの中で死に至るということは、最近ではない。子供たちの中でいろいろなことが起こるというのは、どの都道府県も同じことだと思う。それを前提として、福井の今回の自殺だけの問題でなく、様々な子供たちのことを私たちはいろんな意味で福井県から学びながら、和歌山県では、どういう風に取り組んでいくべきかを検証していくことが必要と考える。福井のことに関して、今1点だけ聞いているわけであるが、すべての詳細が分かったわけはなく、注視しながら、学ぶべきところはしっかり学んでいきたいと考えている。

Q 雑賀委員      .         

 予算をつけて、福井県が教育の先進県だというので、視察に人を送って、帰ってきて報告しなさいということをしている。その福井県でこういうことが起こった。予算をつけて送っているわけだから、特別の関心を持って情報を収集する、あるいは現地へ調査団を送るぐらいのことをすべきと考えている。

 配布資料②を見て欲しい。2017年12月12日午後5時10分にネットに載ったもので、福井新聞の記事である。この事件について福井県の総務教育常任委員会が11日に全会一致で決議をした。この男子生徒の自殺に関して学校に問題があったということであるが、教員の多忙化により生徒への適切な対応がなく精神的ゆとりを失っている状況にあったのではないかと懸念されている。これは、この教師だけの特殊な問題ではなく、教育全体の問題とすべきではないか。さらに、学力日本一を維持することが教育現場への無言のプレッシャーを与え、多様化する子供たちの特性に合わせた教育は困難であると言わざるを得ないとして、同委員会は公教育の検証と見直しを求めたのである。

つまり、和歌山県の予算をつけて教員を送っている先進県が、学力日本一のプレッシャーを先生にかけて、そういうことが今度の問題の一因になったと常任委員会で意見書が決議され、県議会でも全会一致でおそらく決議されるであろう。  

具体的には、義務教育課程では、過度の学力偏重を避ける、教員の多忙化を解消する、発達障害傾向の子供が増えていることを踏まえ、生徒の理解の徹底を図ること等があげられている。福井県の総務教育常任委員会委員長は、「今、先生の忙しさはパンク状態。過労死があってもおかしくない。生徒の自殺を二度と起こさせないためにも公教育の見直しが必要である。」と述べている。つまり、この事件が、単に特殊な先生の特殊な問題でなく、福井の教育にも問題があったのではないか、と検証が始まっている。福井を和歌山のモデルとして、予算をつけて、先生を休ませて福井に送っている。それがよかったかどうかは、別として、関心を持たないといけないと考えるがどうか。

A 宮下教育長

 全国どこの都道府県でも、教育の大きな課題について、考えていくことは大事である。福井県については、福井県がすべての面に渡って全国的に評価されているということが前提としてある。福井県でその事件が起こったということ、どの都道府県も全て完璧ではないということも含めて、福井県が検証を進めていくことが、また評価されると考えている。新聞では断片的なことしか載っていないが、今後検証していく福井県の姿勢から更に学んでいく。和歌山県の様々な課題を克服していくやめに、福井県から学んだことはたくさんあるロそれは和歌山県になじまないこともあるかもしれないが、それも含めて福井県から学ばせてもらっている。その成果が、すぐに出ないかもしれないが、今後、出てくると思っている。

学力だけではなく不登校でも、福井県には和歌山よりも進んだ取組がたくさんある。学力のベースになっていることすべてを学ばせてもらっている。

Q 雑賀委員

 福井の教育に学ぶところが多いということは否定しない。そこで、企画監の話に戻るが、「福井には色々な人が来ている」教育先進県として評価されていて、大勢の人が学びに来ている。それに比べて、和歌山はどうか。「全国から馬鹿にされている。私は、今は和歌山の住人だから、腹が立つし、くやしく思う。名誉挽回しなくてはならない」校長の研修の中でおっしゃっていた。

和歌山のことを心配していただいて、大変ありがたいが、教育のトップにいる人が感情的なものの言い方をして、それを聞いた校長が教員に対してものの言い方を増幅させる。そして、校長から締め付けられた教員がさらに焦って、子供を締め付けたりして、福井で起こったようなことが出てきたりしないか心配している。上に立つ人は、こういうものの言い方をしてはいけないと思うが、教育長はどう思うか。

A 宮下教育長

 表現の仕方の問題である。発言の趣旨の中には奮起を促していくこともある。そこだけを取り上げたら、少し言い過ぎた部分もあるかもしれない。しかし、その趣旨は、それだけ子供たちのために一生懸命やっていこうと呼びかける意味と理解している。そういう熱意の表れである。

Q 雑賀委員

 「県教委の言うことを聞かない校長、校長の言うことを聞かない先生、先生の言うこと.を聞かない子供たちが、和歌山にあると言われている。みなさん、知っているか。」こういった話もある。そんなことを、教育長は言われていると知っているか。

A 宮下教育長

 これも表現上のことかもしれないが、教育委員会が方針を持ってやることについて市町村の教育委員会、そして学校が同じ方向を向いていかないと成果は上がってこない。校長のリーダーシップが大事になってくる。趣旨は、そういうことである。

要望 雑賀委員

 一面的な焦った指導は、教育に歪みをもたらせるのではないかと心配している。この点は、テープを起こしてもらったり、テープを流して聞いてもらってもいいが、検証してもらいたい。福井の常任委員会の決議は、この問題を特殊な地域の問題にせず、自分たちの教育全体を、「全国からは、学力日本一ということで成果を上げている。それでいいのだ。」とせずに、それを検証しようとしている。教育条件整備も含めてやるという福井県の姿勢は立派だと思っている。この機会に和歌山でも検証することを要望しておく。


 配付資料① 2014年12月県議会雑賀質問より


「9月県議会では、全国学力テスト結果を踏まえて、本会議でも、文教委員会でも議論がありました。その後の学校現場で起こっていることの一端を聞きながら、私は「大変な事態がおこっている」という心配をしています。
 この心配をとりのぞくためには、個々の問題をとりあげる前に、「教育とは何か」ということに立ち戻って考えなくてはならないと思います。
 教育というのは、いうまでもなく人間を育てるいとなみです。体をそだて、知識を身につけて、情操や道徳をみにつける、全面的・総合的なものでなくてはなりません。
 若い芽を早く大きくなあれと毎日引っ張っていたら、若芽を枯らしてしまったというたとえ話がありますが、笑っているわけにはいかない、実際にそんなことが、社会にも教育界にも決して少なくないのです。
 子どもをある面から追い立てたとき、どんな歪みが生じるのか。もっとも極端なものが、少年犯罪であります。幼児を殺すというような少年犯罪の報道を聞いて、私たちは戦慄します。親はどんな子育てをしていたのか、決して人殺しを育てようとしたわけではない。優秀な子供に育てようと主観的には思っていた場合が少なくないわけです。

この場合は、極端な場合だといわれるかもしれません。それが、もっと大規模に行われているのが、管理と競争の教育が広がる中で多くなってくる不登校の問題であり「いじめ」の問題です。
 教育現場のプレッシャーから逃げるのが「不登校」であり、それを他に転嫁して憂さ晴らしをするのが「いじめ」だといってもよかろうかと思います。…その行き着く先が「子どもの自殺」であります。」


配付資料② 

池田中2自殺で意見書案を可決

県会常任委、教育行政根本見直しを

20171212 午後510

 福井県池田町池田中学校で今年3月、当時2年生の男子生徒が自殺した問題について、県議会総務教育常任委員会は11日、福井県の公教育の在り方が問われているとして、教育行政の根本的な見直しを求める意見書案を全会一致で可決した。意見書案は松田泰典議長に提出される。

 意見書案では、池田町の調査報告書で男子生徒の自殺は学校の対応に問題があったとされたことについて、教員が多忙化により「子どもたちに適切に対応する精神的なゆとりを失っている状況があったのではないかと懸念する」と指摘。県内全体の状況として「『学力日本一』を維持することが教育現場に無言のプレッシャーを与え(中略)多様化する子どもたちの特性に合わせた教育は困難と言わざるを得ない」とし、公教育の検証と見直しを求めた。

具体的には義務教育課程は過度の学力偏重は避ける教員の多忙化を解消する発達障害傾向の子どもが増えていることを踏まえ、学校での生徒理解の徹底を図るなど4項目からなる。

 委員会審議では、委員から「県立高入試の英検加算導入が教員の多忙化に拍車を掛けている」「県独自の教材利用の授業などが負担を増している」との指摘が相次いだ。

 これに対し東村健治教育長は「(教員から)生徒に向き合う時間が取れないと聞いている」との認識を示し、少人数指導を目的にした教員の加配措置や、授業の負担軽減を図る副教材の活用を推奨し「多忙化解消に努力していきたい」と述べた。

 委員会終了後、斉藤新緑委員長(県会自民党)は「先生の忙しさはパンク状態。過労死などがあってもおかしくないし、生徒の自殺を二度と起こさないためにも公教育の見直しは必要」と述べた。

 意見書案は県会最終日の19日の本会議に提出される見通し。


文教委員会の後で開かれた学習会での牧野教育企画監の発言(冒頭部分)


牧野教育企画監


 大変ありがたい話である。先ほどは教育長が答弁されたので、発言の機会がなかった。発言したいと思うので、しばらくお時間を頂戴したい。


 まず、福井県の池田中学校の件で気をつけなければならないのは、マスコミの情報だけで判断するのは危ういということだと考える。先生のいじめによって、生徒が自殺したというのは誤りである。この事件で取り上げられている先生は非常にまじめな先生であり、私もよく存じ上げている。ややもすると、マスコミの情報だけで判断するということは気をつけなければならないし、気をつけていただきたいと思う。(当該事件の第三者委員会の)報告書を読んでいただいた上でお話いただければと思う。









[PR]



by seikatusoudansyo | 2017-12-22 19:09

スターパーティ イン 紀美野

 2017STARPARTY

in KIMINO


「2017スターパーティーインキミノ(ふたご座流星群観望会)」が、12月13日夜、のかみふれあい公園の芝生広場で開かれました。あいにくの曇り空で雪もちらつき、流星は観られませんが、紀美野町おなじみの店が12店舗も並び、寒いなか訪れた親子連れや若いカップルなど、広場いっぱいにあふれる賑わいぶりです。

 星空ミニコンサートやスライドを使った天体説明もあり、「これで晴れていたら申し分ないのに」と、いただいた熱いコーヒーをすすりながら役場の皆さん方と語り合いました。それにしても、この寒さなのにこれほどの人が集まるとはおどろきです。『最高のないがここにある町』ならではの澄んだ空と美しい自然は、大切に残したいものです。

紀美野町議会議員  田代 てつろう

「赤旗読者ニュース」12月24日

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村←ラン

d0067909_18560005.jpg


[PR]



by seikatusoudansyo | 2017-12-22 18:56

なぜ、北朝鮮のミサイルの標的に

なぜ、北朝鮮のミサイルの標的に


「読売」系のテレビで、北朝鮮のミサイル問題で討論会を見ていました。髭の隊長なる国会議員などが、「トランプ大統領が先制攻撃をしたら、北朝鮮も最後の力で反撃するかもしれない。そのすべてを迎撃できるわけではないから、国民には心構えが必要だ」といいます。

そんな議論をする前に、「戦争をさせないために日本が果たすべき役割は何か」、「アメリカと北朝鮮の戦争で、日本がなぜ標的にされるのか」をしっかり考えなくてはならないと思いました。(

さいか光夫)

「赤旗読者ニュース」12月24日

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村←ラン


[PR]



by seikatusoudansyo | 2017-12-22 18:39

振興局交渉

地域の要求を

振興局交渉に

共産党議員団は、地域の要求で振興局交渉を毎年行っています。台風災害があっただけに、要求がいっぱいです。

海南海草だけの交渉なので、「交差点の安全を」「道路の凸凹を直して」などの身近な問題もとりあげることが出来ます。

県工事事務所への要求が多いのですが、少ない予算の中でやりくりしながら対応してくれます。今年は、

1月19日(金)の午後1時に

海南保健所に集合です。

      (交渉は1時半より)

 各支部や地域後援会からもご参加ください。追加要求があればご連絡下さい。

(さいか光夫)

「赤旗読者ニュース」12月17日

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村←ラン

[PR]



by seikatusoudansyo | 2017-12-15 22:11

核兵器廃絶平和都市宣言可決

  市議会総務委員会《速報》


 「核兵器廃絶平和都市宣言を求める請願書」を可決


 12日、市議会総務委員会は、市民有志からの「核兵器廃絶平和都市宣言を求める請願」を出席した全委員の賛成で可決して、21日の本会議に諮られます。

 「核兵器は、必要悪ではなく絶対悪だ」「私たちの光は、核兵器禁止条約だ」と、サーロー節子さんはノーベル平和賞の授賞式で訴えました。

 今、国内外で「ヒロシマ・ナガサキ国際署名」の取り組みが広がっています。この署名をたくさん集め、日本政府に「核兵器禁止条約に署名し、批准せよ」の世論と運動を強めましょう。

市議会議員  上田ひろし

d0067909_22014900.jpg

「赤旗読者ニュース」12月17日

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村←ラン


[PR]



by seikatusoudansyo | 2017-12-15 22:02

核兵器禁止への大きな流れ

核兵器禁止への大きな流れ


国連で核兵器禁止条約が採択され、国際NGOの「ICAN」がノーベル平和賞を受賞。受賞式で、カナダ在住の被爆者・サーロー節子さんの訴えが大きな感動を呼んだと報道されています。

非核自治体宣言は、海南市・紀美野町とも自治体合併で「宣言」が消えていました。紀美野町は9月議会で新たに「非核宣言」を決議し、海南市でも11月議会に超党派の議員が賛同して、請願が審議されています。それが採択されれば30市町村中27の市町村が「非核宣言」をしたことになります。

 核兵器廃絶という悲願に向けての歴史の歯車が回りはじめています。 (さいか光夫)

d0067909_21573566.jpg

「赤旗読者ニュース」12月17日

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村←ラン


[PR]



by seikatusoudansyo | 2017-12-15 21:57

市政要望

 市政要望 電子メールでも大歓迎


 2人の市民の方から、メールが連続して届きました。どちらも道路の問題です。

 「海南市の道路はガタガタで穴ボコだらけ、転げて骨折したおばあさんもいる」。また「道路が暗く、塾から帰ってくる子どもが心配」などの内容です。具体的に場所が分かるものは、自治会長さんに対応をお願いしました。

 十二月議会では、市道の整備計画や予算の実態についても質問し、みなさんのご要望に応えていきます。

 市政について、どこに言ったらよいのか分からない時や、腹が立つことなど、何でもお寄せください。電話でもメールでも、私は大歓迎です。

                 市議会議員  岡よしあき

「赤旗読者ニュース」12月10日

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村←ラン
d0067909_22061520.jpg


[PR]



by seikatusoudansyo | 2017-12-07 22:08

沖縄慰霊祭と普天間視察

沖縄慰霊祭と普天間視察


11月28日、沖縄南方戦没者慰霊祭で沖縄に行ってきました。沖縄には、各県の戦没者慰霊の塔があり、和歌山県のは「紀の国の塔」といいます。

今年は、海南・海草遺族会が担当だそうで、海南から脇坂さん、紀美野から美野さんがおいでです。

その前に普天間基地にたちよりました。普天間の上空では、絶え間なく航空機の轟音が聞こえます。よく見ていると雲の間からオスプレイが現れ、また、戦闘機がどこかに飛んでいきます。

さらに日本共産党沖縄県議団を訪問。開会日なので短時間で切り上げましたが「和歌山には鶴保という議員がいて失礼なことを申し上げています」とお詫びし、「みなさんのアメリカでの活動報告には感動しました」とだけ申し上げました。

そこで頂いた沖縄県のパンフレットを、奥村県議が一般質問で県議会議場に配布して基地問題をとりあげます

(さいか光夫)


奥村県議が質問を準備している最中に、普天間の保育園で、軍用機の部品が

落下というニュースです。どういったらいいのか


d0067909_21515317.jpg

d0067909_15082875.jpg
d0067909_15090649.jpg
d0067909_15094068.jpg

「赤旗読者ニュース」12月10日

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村←ラン


[PR]



by seikatusoudansyo | 2017-12-07 21:52

メガソーラ、風力発電の自然破壊

メガソーラー・風力発電の自然破壊

 12月県議会・質問は12日重根のメガソーラーや海南市をとりかこむような超大型風力発電建設の動きが急です。地域住民の自主的な学習会や企業による説明会が開かれています。美濃町議が区長の自治会でも、自治会主催で「低周波被害」の学習会を開いたようです。重根のメガソーラー計画の業者は、「県河川課と相談している」と説明していますが、「県河川課は、まったく相談にきていない」と。12月議会での質問は大切と準備にかかっています。 (さいか光夫)

「赤旗読者ニュース」12月10日

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村←ラン

[PR]



by seikatusoudansyo | 2017-12-07 21:38

カテゴリ

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 04月
2005年 01月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月

最新のコメント

川西市の高校でのいじめ自..
by 日本共産党めっちゃ大嫌い男 at 00:02
>日本の消費税は主要欧州..
by 匿名さん at 12:01
「鬼は外」型の反対ですね..
by 匿名さん at 11:57
ボイスカードは直球ですね..
by 匿名さん at 12:03
テレビで魚をさばく光景を..
by 匿名さん at 11:02
>6年生はスタッフとして..
by 匿名さん at 13:03
「匿名よ、文句ばっかり言..
by 匿名さん at 00:17
紙おむつは今まで通り普通..
by 匿名さん at 00:14
>市民の健康・財産が侵さ..
by 匿名さん at 00:12
>国民一人ひとりが声をあ..
by 匿名さん at 00:22

メモ帳

ファン

ブログジャンル